Road to NZ 2011 ~のんびり家族の移住までの長い道のり~
現在は某金融機関で営業しています。2001年~2002年まで家族でニュージーランドに滞在した時の体験談や2011年のラグビーW杯までにニュージーランド生活に再チャレンジするまでの記録を綴りたいと思います。


プロフィール

@アレックス

Author:@アレックス
1970年10月18日生

某外資系金融機関勤務

2001年~2002年の一年間ワーキングホリデーを利用して家族でニュージーランドへ

2011年までにはニュージーランド移住を画策中。

趣味 ラグビー、スキューバーダイビング(現在はお休み中)





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ケープレインガ
パイヒア2日目

英語が出来ないのが悔しかった1日でした。

ケープレインガのツアーに参加したのですが、集合場所を宿泊先に出来たらしいのです。

私は、町まで出てインフォメーションセンターの前で待っていてバスに乗り込んだら、同じYHAに宿泊していた旅行者が乗っているではないですか・・・

彼女達とはYHAを出る時に外で会ってるのに・・・・

ちゃんと英語が理解できていれば予約する時にピックアップを頼めたんだ・・・・

とりあえず、バスに乗り込み本日のツアー仲間を見たら・・・



日本人が一人だけ・・・・・

ガイド兼運転手の話全く理解できず・・・・・

ぽや~んとしていると東南アジア(多分インドネシアの子)の女の子に

「英語大丈夫?」

「私、日本語少し出来るよ!」

お!神の声・・・

日本語が話せる子がいたのです。

良かった~

最初にマオリ族の民芸品を製作している所に寄って、一路ケープレインガへ

朝方雨が少し残っていたのですが、途中から晴れてケープレインガに着いたら快晴!

雲が素敵でした!!

PC250052.jpg



写真の女の子が日本語を話せる東南アジアの子です。

PA200011.jpg


可愛い子でした。

矢印の先は東京・・・

PA200010.jpg



・・・・つづく



スポンサーサイト
テーマ:ニュージーランド - ジャンル:海外情報

パイヒア
パイヒアでも宿をあらかじめ用意していなかったので、バスを降りてからすぐに宿探し。

インフォメーションセンターで翌日のツアーの予約を手配して、私は宿に飛び込みで部屋探しを始めました。

YHAでドミトリー(4人部屋)が空いているとの事で宿探しは完了。

ゆっくり町を散策しました。

パイヒアはこじんまりとしたとってものんびりした町で、ダイビングショップもあって、居住候補地の一つになりました。

YHAの屋外にある宿泊者の社交場でヨーロッパの旅行者と少し話してお互い次の日のツアーの為に早く寝る事にしました。



テーマ:ニュージーランド - ジャンル:海外情報

久々の更新
また今日から少しずつ書いていきますね~

先日、拓実(次男)の学校の保護者会に参加して来ました。
毎回長男と保護者会の日程が重なるのでママが弘大(長男)で私が拓実のクラスに行きます。
拓実のクラスに行くのには理由があって・・・・

先生が新卒の可愛い女の先生なんです。にこにこ

会が終わったあと、1/2成人式(にぶんのいちせいじんしき)に拓実が書いた作文を読んできました。

弘大も拓実も今タッチラグビーをやっているんですが、拓実は将来ニュージーランドに行ってオールブラックスになりたいらしいです。
なんだか嬉しいですよね。

作文読みながら胸が熱くなりました。




テーマ:ニュージーランド - ジャンル:海外情報

寒中見舞い申し上げます。
寒中見舞い申し上げます。

随分とご無沙汰のアップです。絵文字名を入力してください

昨年、ちっちゃい時から一緒に住んでいた祖母が91歳で亡くなりました。
幼稚園の時から高校卒業するまで、共働きだった両親の代わりにいつも家にいて面倒見てくれたおばあちゃんだったので少し寂しいです。



ちょっと良い話
今日は仕事で信組時代のお客様の所へ10数年ぶりにお伺いした時のはなしです。

そのお客様は、1年半前にご主人を亡くされたそうで私も何度かお会いした事のある方だったのでびっくりしました。

病気と言うよりは突然お亡くなりになったとの事でショックが隠せずに奥様はずっと立ち直れないでいたそうです。そんな時、昔からのご友人が、ご主人がお亡くなりになられて3ヶ月間毎日昼ごはんを作って遊びに来てくれてたそうです。そのご友人も家庭があり孫もいる方なのに家事の合間に毎日ですよ。

週1日や3日なら解るけど、毎日ですよ。

奥様も毎日励ましに来てくれるので、「早く彼女のためにも元気にならなくては。」と思い早く立ち直ることができたそうです。

良い話ですよね。

私にそのような友人が何人いるのだろうか?
とっても疑問です。
いや、まずいないですよね?




























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。